公益社団法人 日本水道協会
お問い合わせ・案内図 更新履歴 サイトマップ
English
文字サイズ変更 文字サイズ 小 文字サイズ 大
日本水道協会について
事業紹介
各種報告書・Q&A
出版物のご案内
研修会・講習会のご案内
行事・会議予定
水道資料室
水道リンク集
Topics
入会のご案内
Home
 
 
事業紹介
水道経営に関する調査研究
水道技術に関する調査研究
出版事業
研修事業
国際活動
検査事業
認証事業
水道保険
 
水道技術に関する調査研究
 

水道技術に関する調査研究

  水道技術に関する諸問題については、工務、衛生の各常設調査委員会及び特別調査委員会等において調査研究を重ね、問題解決にあたっています。
  工務常設調査委員会は、その時々の技術的な問題を取り上げて、検討すると共に全国の水道事業体にその検討結果を情報提供しています。
  水道用資機材の規格制定・改正に関しては4つの規格専門委員会で、適宜、制定及び改正を行っています。
  また、衛生常設調査委員会は、水質に関する問題や水道用薬品類規格の制定などの審議を行うとともに、上水試験方法及び日本の水道生物の書籍等を発刊しています。
  さらに、水道事業に関する特別の事項について、(水道施設設計指針、水道維持管理指針、水道施設耐震工法指針・解説の改訂や地震等緊急時対応に関する調査等)は理事会の承認を得て特別調査委員会を設置し審議を行い、また、水道事業に大きな影響を及ぼす問題で早急に対処しなければならない事項については「変革期を迎えた水道問題に関する検討会」で対応しています。
  審議の結果は指針、要綱として発刊するほか、水道協会雑誌に掲載して会員の皆様にお知らせしています。
  その他に、厚生労働省、事業体等から受託した調査研究を行っています。

水道技術の研究・開発

  水道技術総合研究所では、水道施設の技術的課題の解決に向けて、幅広い研究・開発に取り組んでいます。水道事業体や各種メーカー団体等と共同して、実践的な解決策を検討しています。それらの情報は、関係機関に発信し、また、技術相談にも応じています。
  平成21年9月に水道技術研究所内に「プロジェクト推進室」を立ち上げ、水道を取り巻く様々な状況の変化に合わせ、プロジェクト方式を主軸とした機能的な業務執行体制を図っています。
  なお、現在進めているテーマは、「広域化及び公民連携推進の調査研究」などです。
  また、業務指標(PI)の普及と有効活用を促進し、水道事業のレベルアップを目指しています。

このページの先頭へ戻る

技術、水質の相談

  水道事業体が解決をせまられている水道技術及び水質に関するさし迫った問題の相談については、その都度助言、支援を行っています。

水道用品の規格制定

  水道用品の規格は、会員の要望によって、本協会の工務常設調査委員会及び衛生常設調査委員会、並びにこれら委員会が設置した専門委員会で耐久性、互換性、施工性、衛生性等を検討したうえで、日本水道協会規格(JWWA)として制定、改正されています。(平成28年3月31日現在89規格)。

水道技術管理者協議会

  各都道府県支部長の推薦する51事業体の技術管理者が、各事業体が抱える取水施設から給水装置に至るまでの技術的問題について、情報交換を通して改善策等を互いに検討し、技術の向上を図っています。
  その他技術セミナー、講演会、施設視察等を行い、水道に関する新しい技術についても協議しています。本協議会は昭和46年度から設けられ、年3回開催しています。

 
     
  このページの先頭へ戻る  
 
 
Copyright